自社サイト最安値保証

交通のご案内

交通のご案内

〒699-3506
島根県益田市西平原町

最寄り駅からの情報

当館最寄り駅は山陰本線「鎌手(かまて)駅」となります。
※益田駅より当館までタクシーで15分、JR鎌手駅より徒歩15分ご宿泊のお客様にはJR鎌手駅までの送迎サービスを行っております。 詳しくはこちら

荒磯館について

荒磯館について

雄大な日本海の波打ち際にたつ荒磯館。 当館の自慢は五感のすべてで大自然を満喫できることです。 水平線を眺めながら潮騒と磯の香りにつつまれると開放感が旅の疲れを癒してくれます。

詳しくはこちら

姉妹店 日本料理 亀地

姉妹店 日本料理 亀地

益田駅より徒歩1分
島根県益田市駅前町17-1 EAGAビル2F
TEL:0856-22-0241

詳しくはこちら

荒磯温泉 荒磯館 ホーム > スタッフからのお知らせ

「花燃ゆ」吉田松陰の妹「文」の時代 幕末と益田市

2015年03月29日

大河ドラマ「花燃ゆ」の舞台は幕末の長州藩(現在の山口県)ですが、益田市にもこの時代にゆかりの史跡がいろいろとございます。

 

島根県西部では長州軍と幕府軍の戦いが行われ、各地の戦いで敗れた幕府軍の敗北が決定的なものとなりました(1866年、第二次長州征討・石州口の戦)幕末の大きな転換点となった場所になります。

 

雪舟の日本庭園で知られる益田市の「医光寺」や「萬福寺」。当時は幕府軍がこの萬福寺や医光寺に、また益田川を挟んで対岸にある妙義寺には長州軍が陣取って争いました。激しい銃撃戦となりましたが長州軍の銃の性能が良かった(射程距離が長い)ことなどもあり幕府軍は敗走を余儀なくされたそうです。
萬福寺の柱には今も長州藩が撃った弾痕が残っています。

 

萩~益田間は1時間あまり。史跡を訪ね幕末に思いをはせる旅をお考えの皆さま、ぜひ益田にもお立ち寄り下さい。

 

 

 

荒磯温泉 荒磯館 http://araisokan.com

 

  • 空室検索
  • ご予約・プラン一覧
  • お客様の声
  • よくあるご質問